人気の投稿

水回り設備のプロの住まいる水道で安心

水回り設備のプロの住まいる水道で安心

住んでいるとどんな家でも、まずいたみが出てくるのが水回りの設備です。例えばお風呂、トイレ、洗面所、脱衣所、さらにそこへ水を運ぶ配管などはだんだんとダメージが蓄積されてきます。ところが素人では道具もないですし、技術もありません。下手にいじると余計にひどくなってしまい、家のダメージになってしまったり、近所に迷惑をかけてしまう可能性もあります。そこでどんな水回りの設備トラブルにも対応してくれる住まいる水道にお願いするのが安心でスピーディーです。連絡をするとすぐに駆けつけてくれるので、被害を最小限にとどめることができます。

例えば住まいる水道は水漏れ修理などは迅速にどの場所でも対応してくれます。配管からの水漏れ、蛇口からの水漏れ、トイレでずっと水が出ているなど、いろいろなケースに対応してくれるので、例えばトイレは担当外といった面倒なことがなくて安心です。しっかりと水が漏れる原因を探って、必要あれば部品を変えてくれますし、しっかりと閉めなおして遠慮なく、また使えるようにしてくれます。同じように水道修理もお任せできます。水道の不調と言っても多くの原因があります。つまり、中のサビ、部品破損、ごみがたまっているなど外から見ただけではわかりません。しかし、それを的確にチェックして対応してくれるので、修理後も長く使えるのも魅力です。配管などの知識も豊富なので、トータルでケアできるのも嬉しいポイントで、詰まりや水漏れなどを解決すると、その原因が臭いの原因でもあったということも少なくありません。水回りは清潔が大切ですが、その反面掃除の行き届かない部分でもあるので臭いの原因が溜まってしまう場所でもあります。そんなトラブルにも対応しているので、緊急事態になる前に予防や清掃の意味でにおい対策で利用することも良いかもしれません。

住まいる水道は必ずチェック後に見積もりをして料金を知らせてくれます。また、途中で部品交換が必要となっても、作業する前に知らせてくれるので知らず知らずに料金が積み重なっていくということがないので、安心で明確な料金なのも魅力です。また、出張費がなく作業代の実費のみなのも負担が少なく利用しやすいポイントです。急なトラブルの時は予定外の時間と出費になりますが、それをできるだけ軽くしようと工夫して対応してくれるので安心して利用できます。熟練の技と豊富な経験で多くのメーカーの水回りの設備に対応してくれます。

2017年9月18日月曜日

便器の亀裂はトイレの床を汚してしまう|住まいる水道

トイレの便器は長年使用していると劣化することになり、亀裂が発生してそこから水漏れトラブルを起こすこともあります。漏れた水は汚水でもあるので、においが発生したり菌が床に広がることにもなってしまいます。少量であれば雑巾で拭き取ることができるとしても、大量に流れ出てしまえば床下まで染み出してしまいます。

床下には、電気の配線も入っていることになり、水が触れれば漏電をして電気工事の必要まで出てくることになります。マンションやアパートなどの集合住宅であれば下の階には他の家の人が住んでいることになり、下の家の人のトイレの天井に汚水のシミを付けてしまったら、迷惑をかけてしまう上に高額な修理代も必要になってきます。

大きなトラブルになる前に、便器に亀裂が入ったら水漏れを想定して早めに新しいものに交換する必要があります。水道修理業者では、水漏れや詰まりなどのトラブルの修理の他にも、新しい設備に交換したいという場合にも利用ができます。ただし、業者によって費用はそれぞれ違うので、より安く利用するためにも比較が必要です。見積もりは無料で出してもらえるのが一般的なので、複数の業者に依頼して比較させることで予算を抑えることができます。

トイレの床の水漏れがあれば経年劣化のサイン


トイレの床に水漏れが発生していたら、もしもそれが少量だった場合は、雑巾などで素早く拭き取り、とりあえずは様子を見るという判断をする方も少なくありません。しかし、経年劣化が原因であった場合は、大きな故障の前兆であるかもしれません。ごく稀に発生することのある配管の接合部の緩みや、止水加工の劣化のみであるならば、再び接合部のネジを締め直す増し締めや、止水加工の再施工で対処も可能ですが、経年劣化が原因による水漏れだった場合は、そのような簡単な施工では対処不可能で、劣化した部品そのものを、健全な新品に交換する必要があります。


冒頭に上げたように、雑巾で拭き取れる程度の水漏れは、経年劣化のはじまりを表しているのと同時に、今ならまだ十分間に合うというサインです。このまま安易に考えて放置することがあれば、さらに経年劣化が進行し、単純な部品交換だけでは済まず、手の付けられないほどの浸水が発生してからでは、大規模な工事が必要となり、時間もコストも、膨大なものになってしまう事態にもなり兼ねません。

トイレの床に水漏れが発生していたならば、専門の修理業者などに依頼し、早めの検査、修理を実施することを、おすすめします。 住まいる水道では無料でお見積もりさせて頂いておりますのでまずはお気軽にご相談下さい。

トイレのタンクから床へポタポタと少量の水漏れ そんな時には|住まいる水道

長年使っているトイレは段々トラブルが出てくるものです。特に多いトラブルはタンクからの水漏れです。少量の水がポタポタとずっと床に落ちているとどうにかしないといけません。そのままにしておくと床が傷んでしまうからです。家の工具を使って自分で直そうとするのはやめた方がいいです。かえって壊してしまって取り返しのつかないことになりかねないでしょう。

そこでおすすめしたいのは業者に依頼することです。プロなので完ぺきに直してくれます。トイレのトラブルの修理ができる業者はインターネットでたくさん見つけることができます。依頼するとすぐに来てもらえるケースが多いです。修理にかかる時間も1時間以内で済む場合が多いので、忙しい時にも助かります。夜間や休日でも対応してくれるのでいざという時に嬉しいです。修理のついでにトイレの掃除や手入れの仕方も教えてもらうと良いでしょう。

プロの修理を依頼すると高いのではないかと心配される方も多いと思いますが、インターネットで調べてみると壊れ具合にもよりますが、数千円で修理してもらえるようです。電話でも簡単な見積もりを出してもらえるので安心です。まずは電話で相談してみてはいかがでしょうか。住まいる水道では無料でお見積もりさせて頂いておりますので是非ご相談下さい。

トイレの床の水漏れは設置不良の可能性も


トイレの水漏れトラブルにはさまざまな原因がありますが、長年使用してるとどんな部分であっても劣化による水漏れが発生する可能性があります。設備自体にひびが入ってしまったり、ネジがゆるむ、パッキンのゴムが古くなって止水作用が効かなくなるなどのケースもありますが、新しく設置したばかりであるのに水漏れで床に水がたまっているのを発見してしまうこともあります。この場合には、老朽化は疑うことはないため、トイレを設置した時の設置不良であるケースもあります。

その場所に便器を設置する際に、きちんとネジがしめられていなくてゆるみが生じていたり、正しい場所に設置されていなかったなどのケースで隙間ができて水が漏れ出ることになります。便器内の水が漏れていることにもなるので、下水漏れとなって汚物も一緒に水に含まれていることになるため、衛生面で考えてみても良くないことから早急な修理が必要になってきます。

設置不良が疑われる場合には、水道修理業者ではなく設置してもらった業者に連絡をして調べてもらうようにします。正しく使用できる状態で引き渡しをすることが原則となっているので、この場合の修理費用は請求されることがないので安心です。

トイレの水漏れや詰まりトラブルの際には|住まいる水道

日本のトイレは、世界的にみてもさまざまな機能が搭載されて注目をされていますが、それだけに構造が複雑になって何かトラブルが発生したら一般の人が自分で修理をするのは難しいケースも多いものです。水道修理業者の中には、24時間365日いつでも相談に乗ってもらえることもあるのですが、職人が自宅まで出張をして来てもらって作業を行うとなるとちょっとした修理でも高額な費用が掛かることになります。

まずは、自分で確かめてみてからでも遅くはありません。自分で修理ができればその分の費用を節約することにもつながります。トイレの水漏れトラブルで、タンクから便器内に流れ出る水の場合はタンク内のチェックが欠かせません。止水栓の間に何か挟まっていれば取り除くだけで水漏れを解消させることができます。

また、トイレの水が流れないという詰まりトラブルでは、異物を落としていないのであればトイレットペーパーが原因であることもあります。水の量に対してたくさんのトイレットペーパーを流した場合には溶けきれないこともあるため、水を足してあげたり、ホームセンターでも手頃な価格で販売されているラバーカップを一つ用意しておくと非常に役立ちます。何かわからない事がありましたら住まいる水道までご相談下さい。

トイレウォシュレット水漏れにも対応可能な頼れる専門業者


近年では、多くの家庭でトイレにウォシュレットが付いています。常に清潔を保つことができますので、非常に便利で役立つと利用されています。しかし、トイレのウォシュレットは何らかの原因によって水漏れする場合も少なくありません。水が止まらなくなってしまい、溢れ出てくることもあります。そのような場合には、詳しい専門知識やスキルを身につけている専門業者に依頼することが解決への近道といえます。

専門業者では、業務用工具や部品などを用意して依頼主の元を訪問しています。そのため、効果的に短時間で修理を済ませることができますので、多くの依頼者から絶大な信頼を集めているのです。さらに、メンテナンスに関する注意点のポイントなどもわかりやすく説明してくれますので、困った時に助けてくれる存在としても親しまれているのです。

このように、誰でも気軽に相談できる地元の専門業者は、いざという時に役立つ味方といえます。これからも、その人気と信頼度はますます高まっていきます。トイレのウォシュレット詰まりなら、熟練したスキルの職人を選ぶことで安心してゆだねることができると評判を集めているのです。
格安の料金で美しい仕上がりを実現できるスペシャリストです。

トイレの水漏れを放置すると水道代が上がります|住まいる水道

トイレで一番多いトラブルが水漏れです。タンクの水道管の接合部分にトラブルがあって水が漏れて来たり、トイレタンクに貯まっていく水が止まらずに、そのまま溢れ出してしまう事もあります。こうなりますと、水が出続けてしまうので、水道代が上がってしまいます。だからこそ、早く修理をしなければいけません。

トイレの水漏れを手っ取り早く確実に直す方法は業者に依頼する事です。最近では全国に展開している水道業者がありますので、そこへ依頼するのが一番早くて確実です。お金はかかりますが、そこは安全に確実にする事を優先していきましょう。もし、自分でやって失敗してしまった場合は取り返しがつかなくなり、最初から業者に依頼した方が安かったという事にもなるかもしれません。

トイレの水漏れはよくある家のトラブルであり、生活に大きく関わるトラブルです。なので、いつでも修理が出来るようにしておく事が重要です。なので、あらかじめトイレのトラブルに会った際に連絡する水道業者をきちんとメモしておくと安心です。また、このトラブルになった時には、しっかりと元栓を閉める事を覚えておきましょう。これをすると、とりあえず水が溢れ出てきてしまい、床が濡れてる事を防げます。水漏れを一時的に防げますので、水道代が上がりません。

トイレの水漏れトラブルは止水栓をチェック


トイレのトラブルの一つに水漏れがありますが、便器内に水が流れ出るような症状であれば自分で修理ができるケースもあります。給水タンクの上には蓋がついているので、持ち上げてみると一目でチェックすることができます。給水タンクの上に手洗い用の蛇口がついているデザインであっても、上にそのまま持ち上げても水を流さない限り水が噴き出してくることはありません。

給水タンクから便器に水を流れ出させる穴には止水栓が乗っているので、通常であれば水が漏れない構造になっています。しかし、止水栓についているゴムが劣化することによってしっかりとしまらずに水漏れとなってしまうことがあります。また、止水栓との間に物が挟まっていることによる水漏れのケースもあります。トイレの水を節水するために、給水タンクに水を入れたペットボトルを入れるという節約術を利用してる主婦の人も多くいますが、そのペットボトルが動いて止水栓の間に入ってしまうことがあります。

水の入ったペットボトルを入れることは、一回に流す水の量を減らすことにも役立ちますが、栓が止まっていなければ永遠に水道代がかかり続けることにもなってしまいます。水漏れを発見したら、早急に動かして対処する必要があります。 住まいる水道では少しでも早く駆け付けられるよう努めておりますので是非ご相談ください。

トイレの給水管から水漏れした時には|住まいる水道

トイレのタンクと壁をつないでいる給水管から水漏れをすることがあります。一般的に、給水管の寿命は15年ほどといわれていますが、使用人数などによってはもっと早く寿命がきてしまう場合もあります。ほとんどの場合、外側に異常はなく、内部のパッキンが劣化したり、錆がついてしまい不具合が起こってしまうというケースがほとんどです。

一般的に、トイレの水漏れの修理を業者に依頼した場合、8000~11000円程度の費用がかかります。
ただ、これは簡単なパッキンの交換などの場合で、タンク内の部品の交換やバルブの交換などを行う場合には、さらに費用がかかる場合があります。

修理費用を抑えようとして、自分で修理を行う人も少なくありませんが、素人には原因がわからないことが多く、さらに被害が拡大してしまうというケースも少なくありませんから、水漏れに気づいた時には、専門の業者に連絡するようにしましょう。特に、トイレの床から水が漏れているという場合には、床内部で水漏れを起こしている可能性もあります。

こういった場合は、大がかりな修理が必要となってしまう場合もありますし、床内部を腐食してしまう原因にもなってしまいますから、定期的にメンテナンスを行って、不具合を早期に見つけることが大切です。

トイレタンクからの水漏れは止水栓を閉じて業者連絡


最近のトイレには節水式やタンクレストイレなどがあります。時代が変わる事で便利に使える設備が登場しますが、トイレは何かとトラブルが起こりやすい設備の一つです。水漏れや詰まりなどが起きてしまうと、排泄が出来なくなる、生活に支障を来たしてしまう事になるわけですが、タンクから水が漏れている場合など、床の上が水浸しになってしまいます。

マンションやアパートなどの1階の部屋に住んでいる、一戸建て住宅の1階のトイレタンクから水漏れが生じている場合は、階下に流れる事がありませんが、2階以上の住居に住んでいる場合には、下の階への水漏れトラブルが起きてしまうので一刻も早く専門業者に修理をお願いしなければなりません。

仮に、1階の部屋の場合でもタンクから水が流れてしまえば、水の無駄にも繋がりますし、そのまま放置しておけば水は他の部屋に流れて来る事もあります。水が床の上に流れている状態になった時、最初に行うべき事は給水を完全に停止させる事です。これは止水栓と呼ぶ給水栓を閉じてあげる事で水を停止する事が出来ます。

止水栓は便器の後方や給水管の途中に付いているので、止水栓がマイナスネジ式の場合にはマイナスドライバーなどを使って閉じてから業者に連絡するのがお勧めです。何かわからない事がありましたら住まいる水道までご相談下さい。

トイレの水漏れが配管にある場合|住まいる水道

トイレの水漏れは、頻度が高いわりに深刻な事態に発展することも少なくありません。汚物を流すためには大量の水が必要です。しかし水が漏れてしまえば、その分だけ水量は衰え、流し込む力も衰えてしまいます。もっとも衛生が求められる場所だけに、その影響は顕著です。床に配管が埋設されているケースだと、さらに厄介になります。

見えている部分ならまだしも、不可視の部分を修理することは、素人には不可能です。このため、トイレの水漏れ箇所を特定できないまま、無為に時間だけが経過することも珍しくありません。水道代というものは、使った量に比例して、下水道使用量が跳ね上がる仕組みとなっています。このため、気づいたときには莫大な水道料金が請求され、生活が圧迫されることもしばしばです。

見えない床下の配管には、プロの技術が欠かせません。埋設部分の故障が疑われる場合は、ただちに見積もりを依頼していきましょう。トイレの水漏れの見分け方としては、水道のメーターになります。蛇口をきっちり閉めているにもかかわらず、針が動いているようならば、修理を考えるべきです。床下配管に対しては、しっかり水道の専門家に任せて、一刻も早い正常化を目指していきましょう。

トイレの便器の結露が水漏れの原因の場合がある


トイレの床が水漏れした場合には、便器やトイレタンクが結露を起こしてしまい、水滴が床に落ちて濡れてしまうというケースがあります。結露は、湿気や気温の変化によって起こりますから、こういった場合には換気扇を回したり、トイレのドアをしっかり閉めるなど、温度の変化が起こらないようにすることが大切です。

ただ、結露だけではなく、タンクや便器、給水パイプなどから水が漏れる場合もあり、結露と思って放置していたら、被害が拡大してしまったというケースもありますから、できるだけ早く専門の業者に依頼するようにしましょう。床から漏れた水がきれいな場合は、タンクから漏れている可能性があり比較的簡単に修理を行うことができますが、漏れている水が汚水の場合は、排水口パイプ内で逆流することで漏れている可能性があります。

一般的に排水管というのは、大きな口径の中に、便座の排水管を差し込み、接合部にパッキンが入っているという構造になっています。この接合部分のパッキンは、経年劣化してしまうため、排水管の流れが悪くなってしまい、継ぎ目から水が漏れてしまいます。こういった場合、自分で治すのは難しいため、元栓や止水栓を閉めてから業者に依頼しましょう。 住まいる水道では24時間365日対応しておりますのでお気軽にご相談下さい。

パイプが原因でトイレの床から水漏れすることがある|住まいる水道

トイレの床から水漏れしている場合には、パイプが原因の場合が少なくありません。タンクや給水管などが露出しているパイプからの水漏れであれば、比較的簡単に修理を行うことができますが、床からの水漏れは、便器をはずさないとわからない場合もありますから、素人では修理が困難です。

特に、便器と床の間から水が流れ出るというのは、排水管の水を流す能力が落ちているために、起こることが原因と考えられます。また、パイプの接合部にゆるみがでると、そこから少しずつ水が漏れてしまうこともあります。

漏れた水がきれいな場合には、タンクから漏れていると考えられますが、汚水の場合には、排水口のパイプ内で、汚水が逆流して漏れている可能性があります。そのほかにも、便器とトイレの床に水が漏れ出す結露が原因というケースも少なくありません。結露というのは、正常な状態でも出てくるものですが、最近の便器は結露が出にくくなっていますから、一度専門家に見てもらった方がよいでしょう。

修理費用をできるだけ抑えようと思って、自分で修理を行う人もいますが、さらに症状を悪化させてしまう可能性もありますから、業者に依頼するようにしましょう。中には、悪徳業者も存在しますから、信頼できる業者に依頼することが大切です。

トイレの床の水漏れの原因と修理


トイレの床はあまり注目して見ることは少なく、模様入りであったり、便器の裏側は特に薄暗いです。しかし、いつからかはっきりしない状態で水漏れを見つけることが多く、床が傷み始めていることもあります。1階であればまだしも、2階であれば、下の階に水が伝ってきますので、1階の天井にシミができることもあります。

トイレの床の水漏れの原因で多いのが、シャワー付きトイレの本体からの水漏れです。他にも、便器やタンクが経年劣化で割れていたり、止水栓のトラブルなど色々あります。水が漏れている原因を突き止めることができても、自分で修理することは控えた方が良いです。

トイレは毎日使うものなので、素人の中途半端な修理では、不便な状態が長引く場合や、返って故障を招くことにもつながるためです。さらに、シャワー付きトイレは立派な家電であり、電気が通っているものなので、詳しくない人がむやみに触るのは絶対にやめましょう。

もし床に水漏れが発生していたら、すぐにメーカーに問い合わせることをおすすめします。部品の交換や訪問修理について、速やかに解決の糸口を探してくれます。問い合わせの際は、型番や保証書を事前に用意しておくとスムーズです。 住まいる水道では各種メーカーに対応しておりますのでご相談下さい。