人気の投稿

水回り設備のプロの住まいる水道で安心

水回り設備のプロの住まいる水道で安心

住んでいるとどんな家でも、まずいたみが出てくるのが水回りの設備です。例えばお風呂、トイレ、洗面所、脱衣所、さらにそこへ水を運ぶ配管などはだんだんとダメージが蓄積されてきます。ところが素人では道具もないですし、技術もありません。下手にいじると余計にひどくなってしまい、家のダメージになってしまったり、近所に迷惑をかけてしまう可能性もあります。そこでどんな水回りの設備トラブルにも対応してくれる住まいる水道にお願いするのが安心でスピーディーです。連絡をするとすぐに駆けつけてくれるので、被害を最小限にとどめることができます。

例えば住まいる水道は水漏れ修理などは迅速にどの場所でも対応してくれます。配管からの水漏れ、蛇口からの水漏れ、トイレでずっと水が出ているなど、いろいろなケースに対応してくれるので、例えばトイレは担当外といった面倒なことがなくて安心です。しっかりと水が漏れる原因を探って、必要あれば部品を変えてくれますし、しっかりと閉めなおして遠慮なく、また使えるようにしてくれます。同じように水道修理もお任せできます。水道の不調と言っても多くの原因があります。つまり、中のサビ、部品破損、ごみがたまっているなど外から見ただけではわかりません。しかし、それを的確にチェックして対応してくれるので、修理後も長く使えるのも魅力です。配管などの知識も豊富なので、トータルでケアできるのも嬉しいポイントで、詰まりや水漏れなどを解決すると、その原因が臭いの原因でもあったということも少なくありません。水回りは清潔が大切ですが、その反面掃除の行き届かない部分でもあるので臭いの原因が溜まってしまう場所でもあります。そんなトラブルにも対応しているので、緊急事態になる前に予防や清掃の意味でにおい対策で利用することも良いかもしれません。

住まいる水道は必ずチェック後に見積もりをして料金を知らせてくれます。また、途中で部品交換が必要となっても、作業する前に知らせてくれるので知らず知らずに料金が積み重なっていくということがないので、安心で明確な料金なのも魅力です。また、出張費がなく作業代の実費のみなのも負担が少なく利用しやすいポイントです。急なトラブルの時は予定外の時間と出費になりますが、それをできるだけ軽くしようと工夫して対応してくれるので安心して利用できます。熟練の技と豊富な経験で多くのメーカーの水回りの設備に対応してくれます。

2017年6月24日土曜日

水洗トイレの水もれ箇所ベスト3|住まいる水道

水洗トイレは、水を使っているために、時には水もれすることもあります。しかし、もれる箇所はほとんど決まっていて、最も多い箇所は3か所に絞ることができます。4か所のうちの一つは、給水管接続部分です。給水管とは、壁や床から出ている細い配管のことで、この配管から水洗のための水がタンクや止水栓とつながっているのですが、何年も使用していると、その接続部分が緩んでしまい、水が漏れてしまうことがあります。

次に挙げられるのは、止水栓です。止水栓とは給水管につながっている元栓のことで、これを開けることでタンクに水が供給されます。何らかのトラブルがない限りは水を止めることもないのであまり気にすることもありませんが、ここも可動部であるため、長い間使っているとパッキンが劣化するなどの原因で水が漏れることがあります。そして3番目は、排水管接続部です。これはタンクから便器への配管の接続部のことであり、これにもパッキンがあるので、長年使用していると劣化して水が漏れる原因となります。

水洗トイレで水が漏れる箇所で多いのは、上記のように配管の接続部や止水栓など、パッキンを使用している箇所であり、これは経年劣化が原因で避けられないため、水が漏れるような場合にはこれらの箇所を点検し、必要に応じてパッキン交換などの処置が必要となります。住まいる水道では各種メーカーのに対応しておりますので是非ご相談下さい。

洗面所の水道の蛇口を業者に修理してもらうメリットとデメリット


洗面所の水道の蛇口を業者に修理してもらうと、生活が改善する、家族が安堵するなどのメリットが期待可能です。蛇口が噴水状態の際は、その付近が水浸しになってしまいます。そのため、この状態が長期化すると個人には蛇口を直すことはできないので、水道の元栓を閉める必要が生じます。ですが、業者に作業をして頂き無事に終了すると、以前のように普通に生活できるようになります。そして、家族が安堵するという結果にもつながります。おそらくですが、日常生活の有難さを実感すると想定されます。

そして、今後はこのようなことが起きないように、何らかの対策を家族で話し合う可能性が高いです。失敗から何かを学んだという良い例とも言えます。デメリットは業者に依頼をするとお金がかかる、隣人が様子を見に来るなどです。修理をすることになるためお金がかかりますが、メリットの影響のほうが大きいので、費用については気にしなくていいです。

あるいは、家族内で費用を出し合うのも悪くないです。また、隣人が噂好きな人の際は、外に変わった車が止まっていると様子を見に来ることがあります。家の中にまでは入って来ないので、放置しても問題ないです。

キッチンの蛇口から水漏れした時の修理方法|住まいる水道

通常にキッチンを使用していたとして、キッチンの蛇口から水漏れをしてしまう場合があります。そのような場合に業者に頼らずに自分で修理する方法があるので、知っておくと便利です。多くの場合が、ハンドル下から漏れています。原因はパルプカートリッジという部品が故障している場合がほとんどなので、これを取り替えることによって容易に直す事が可能です。

確認方法としては、ハンドルを分解していくと取り付けられているパルプカートリッジが確認できるので、故障しているかどうか確認してください。交換方法としては、まず止水栓を閉めてから前面のネジを緩めます。これは、ハンドルの下をのぞくと赤と青のキャップのようなものがあるのでそれを緩めます。

そして、ナットを外すとパルプカートリッジが出て来るので取り出し、蛇口の型番を業者に伝えることによって新しいカートリッジを取り寄せることができるので必ず確認するようにしてください。また、新しいパルプカートリッジを取り付けてからはもう一度作業を逆の手順で行うことによって完了します。実際に行ってみると案外簡単にできるので試してみる価値があります。

水道の水もれの際には


北海道や東北などの冬の寒さが厳しい地域では、水道が凍結してしまうことで、水道管が破損してしまったり、蛇口が壊れてしまうという状況が起きてしまいます。また、冬に限らず破損してしまうことで、水もれをしてしまう恐れがあります。そのことから、水回り等に関しては、日々の生活において毎日使用しているものなので、しっかりと定期点検や修理を行うことが必要不可欠です。

ただ、水回りの故障や異変に気が付いた時には、放っておかずに、しっかりと様子を確認することが大切です。また、深刻な状況にならないように、速めに修理の専門の業者の方に点検や修理を行ってもらうことが重要になります。最近では、インターネットのリフォームの専門サイトやフリーペーパーなどの地域情報誌により、店舗の所在やサービス内容、料金プランなどの様々な情報を知ることができます。

水もれの場合には、自宅から利用しやすい水道の専門の業者を選ぶことが必要になります。年中無休で24時間、対応している専門店もあるので、自分に合った業者選びをすることも大事です。トラブルの状況に合わせて、臨機応変に対応することが第一です。 住まいる水道では24時間365日対応しておりますので是非ご相談下さい。

水道のつまりを修理するときに知っておこう!|住まいる水道

生活をしていくなかで水を使う機会は多くあります。家のなかには、キッチンやお風呂さまざまなところに、水を使うために水道があり、毎日使用するものです。そんな毎日使用するものなので、よくトラブルも起こってしまいます。そのトラブルのなかでも、水道のつまることに対する問題解決についての豆知識として覚えておいてもらいたいことを紹介していきます。

つまりの原因で一番多いものが、水を使う際に一緒に流してしまうゴミです。洗面台では、やはり髪の毛が多くつまってしまいますし、キッチンでは、生ごみだったり小さなゴミがつまってしまいます。この、ものがつまってしまうことは多くの問題を引き起こす原因になります。パイプのなかにゴミなどが固まってしまうと、夏場などには悪臭を引き起こしてしまいます。このような問題を解決するためには、ひどい場合だと業者へ頼んで修理してもらう必要があります。

業者では、水まわりなどの問題にたくさんのプランを用意しているため、自分が悩んでいる問題を解決できるようなプランを選択するようにしましょう。また、普段からこまめにパイプなどに市販の薬を流すことでこのような問題を解決することもできるので、こまめに掃除するようにしましょう。

排水口のつまりは早めに修理をする


キッチンやお風呂などの排水口は、食べかすや石けんかすが長期間少しずつ蓄積することによって、つまりを引き起こすことがあります。定期的に掃除をしていればよいのですが、排水口を掃除をする習慣を持つ人はほとんどいないので、気づいたときにはつまっていたということが少なくありません。排水口のつまりは、専門業者に依頼して修理をしてもらうことが手っ取り早い手段ですが、そうなると依頼をするので高い費用がかかってしまうことがあります。

そんなときはまずは自分で掃除をしてみるのも1つの手段です。食べかすや石鹸かすは、ヘドロのような状態になって排水口付近にたまってしまうため、それが水の流れをせき止めることになっています。そのため、そのヘドロのような蓄積物を取り除くことが良いです。手の届く範囲であればスコップなどでくみ出すことができますが、手が届かない場合は細長い針金などを使って、流し込むように除去します。

蓄積されたヘドロなのでかなり固い場合もありますから、針金などでは取り除けないこともあります。そんなときはラバーカップを使って水に圧力をかけるようにしたり、パイプクリーナーなどを使って溶かすことを試みるとよいでしょう。 それでも解決出来ない場合は住まいる水道までご相談下さい。

水のトラブルやトイレつまりは業者依頼がおすすめ。|住まいる水道

全国展開している業者もいるのでまずは自分の地域が修理可能エリアになっているか確認することが大切です。水周りのトラブルはいつ起こるかわからないので事前に信頼できる業者を選んでおくと対応がしやすいです。簡単なトイレつまりならラバーカップなどで素人でも対応可能です。水に溶ける紙以外の異物なら業者に依頼する方が早く現状復帰できます。

地域を巡回している業者だと車に専用の修理道具を積んでいる場合が多いので迅速な対応をしてくれます。蛇口からの漏れや排水ホースの交換など専門の技術や経験を持った業者に依頼すると自分で修理を行うよりも短時間で直してくれます。低価格に見えても追加料金で割高になるケースもあるので業者選びは慎重に行う必要があります。

あまりにも安い金額の業者には注意が必要です。出張費用が別途にかかってきたりと少しでも不明な料金体系の場合は事前に質問して疑問を解消することが重要です。初めての人でもわかりやすい明朗な料金体系にしている業者だと信頼できます。修理して終わりではなく、アフターケアなども充実しているところだと再発防止になりますので安心できます。

配管のつまりの原因と、修理


配管のつまりは、給水管、排水管、汚水管、エアコンのドレン管の詰まりがあります。給水管は、配管内でのサビによるサビこぶが原因で菅の閉塞が起こります。その場合は、バブウォッシュと言う洗浄システムで菅の中を洗う修理が1番適しています。排水管の詰まりは、年数が経ちますと汚れがたまり、これが詰まりの原因になります。流し台の場合、油脂成分の蓄積によるものがほとんどです。また洗剤と水が反応し、固形化したものが菅内に付着する為です。

浴室となりうますと、髪の毛、石鹸かすの蓄積や、キャップなどの異物が詰まりの原因になる事も多いです。洗濯排水は、主に糸くずと綿ゴミの蓄積による事が多いです。洗面排水も毛髪や異物を落としてしまい拾えなくなって詰まるケースが多いです。

これらの問題は、汚れが蓄積して詰まる前に菅内を定期的に掃除する事でほとんど回避できます。業者を呼ぶと、10000円から20000円はかかりますので、ご自身で出来る事は、日ごろからしておきたいものです。ご自身のお手入れで不安な時は、業者さんを読んで、配管の中にカメラを入れてみてもらうと、どの程度の汚れは、劣化している部分もわかり、安心します。 住まいる水道でも定期点検なども行っておりますので是非ご相談下さい。

配水管のつまりを修理する方法|住まいる水道

本格的にトイレや洗面所、お風呂などの下水や配水管が詰まってしまったら、できるだけ早く修理を行わなければ大変なことになってしまいます。自分の部屋だけでなく、建物からスムーズに生活排水を出すことができなくなってしまうため、悪臭や虫が発生するなど様々なトラブルが起こってしまう可能性もあります。

こういった配水管のつまりは、簡単に流れにくいものがj配水管に入り込んでしまったり、菅の中に汚れなどが蓄積して水の流れを邪魔してしまっていることが直接的な原因です。特に汚れが蓄積する場合は、配水管の中でも水量や水の勢いが低下する角部分やカーブで発生することがほとんどです。このため専門知識や道具などを持たない素人が詰まりを解消しようとしても難しいことが多く、専門業者へ依頼する必要があるのです。

業者がクリーニングを行う場合、高圧洗浄器や特殊な形をした掃除用ワイヤー、電動トーラーなどの専用器具を使って汚れなどを解消していくことになります。状態が悪ければ業務用の強力な薬剤を使うこともあり、水漏れしている箇所があれば同時に修繕も行ってくれます。素人ではできないことばかりなので、早く改善させたい場合は躊躇せず業者を呼ぶようにしましょう。

業者による配水管や下水のつまり修理にかかる費用


家の配水管や下水管などが詰まってしまった場合、素人が自分で完璧に修理してしまうのは難しいと言えます。キッチンやトイレなど、軽いつまりであればお湯を流したり市販のクリーナーなどを使えば簡単につまりを解消できるケースもありますが、完全に詰まってしまっている場合などは専門のクリーニング業者などに依頼しなければ復旧が難しいことも多いです。

無理やり掃除道具を突っ込んだりしてしまえば水道管を変形させたり壊してしまう恐れもあるので、簡単な掃除をしてもつまりが改善しない場合はできるだけ早く専門家に連絡して修理に来てもらうようにしましょう。具体的なつまり解消の方法としては、専門の高圧洗浄機などを使って行うケースが多いようです。この方法で簡単に解消できる程度であれば、掃除にかかる費用は5000円程度と比較的安くて済みます。

頑固でなかなか解消できない状態だった場合は、最高で3万円程度かかってしまうこともあるので注意が必要です。このような高額出費にならないよう、少しでも流れが悪くなったと感じたら面倒がらずに早めに掃除やケアを行うことが大切だと言えます。 それでも臭いや流れが悪いなど気になる所」がありましたら住まいる水道までご相談下さい。

2017年6月21日水曜日

風呂の蛇口が水漏れした時の修理|住まいる水道

お風呂場の蛇口が水漏れした際は、早めに修理を行わないと水道代が高くなったり、破損して大量の水が漏れ出すトラブルに発展する可能性もあります。お風呂場の水栓は、主に壁付きタイプと台付きタイプがあり、さらに2ハンドル混合栓やサーモスタット式混合水栓などに分けられます。2ハンドル混合水栓は、水の出る水栓とお湯の出る水栓が組み合わさっているため、構造が単純という特徴があります。

近年の住宅では少なくなってきたタイプですが、水漏れしても修理が簡単なので自分で補修しやすいです。水栓の修理では、各種ドライバーやレンチ、プライヤーなどの工具が必要になります。最初に止水栓を閉めて水が出ないようにしたら、工具で部品を一つずつ取り外していきます。水がポタポタと漏れる場合、多くは内部の部品が故障か劣化しているのが原因です。

どの部品が原因を確かめたら部品を購入し、交換を行いましょう。2ハンドル混合栓と比べてサーモスタット式混合水栓は構造が複雑なため、分解や部品交換が難しい時は専門業者に依頼しましょう。自分で修理を行うよりも費用は高くなりますが、安全で確実な修理が可能です。住まいる水道では熟練のスタッフが対応いたします。是非お任せ下さい。

マンションなどの集合住宅で、よくある水漏れなどのトラブル


最近のマンション等の集合住宅というのは、耐震性や防水性などに優れた作りになっているので、そういう類いのトラブルは起きにくいと思われていますが、水漏れに関しては毎日のように、どこかで起きているとされているほど頻発しています。マンション等の水漏れの原因としては、マンション自体の老朽化によるものと、入居者の不注意という、主に二つが存在します。

老朽化の場合、それが外壁など見える部分ならまだしも、排水パイプや防水材など見えない部分だと、管理者や施工業者以外気付かないでしょう。そのため、自分は特に注意を怠っていないにも関わらず、水廻りで何かしらの違和感を感じた場合には、管理者や施工業者などへ速やかに報告することが大切です。

一方で、入居者の不注意である場合、たとえば風呂を溜めっぱなしで寝てしまったことや、洗濯機の脱水ホースが外れていたことなどが挙げられます。マンションの管理側ではなく入居者側に原因があった場合は、その度合いに応じて賠償しなくてはならない可能性も高くなるので、火の元はもちろんのこと、水廻りも十分に気を付ける必要があるでしょう。


業者に風呂の水道の水漏れ修理を依頼するメリットとデメリットについて|住まいる水道

業者に風呂の水道の水漏れ修理を依頼すると、生活が以前の状態に戻る、出費が減るなどのメリットが期待できます。お風呂に入れない状況なため、自然と気分が沈み込んでしまうことから、家族との会話をする気がなくなります。家族の顔が暗いため来客があったとしても、長居する気になれず、すぐに帰ってしまうと想定されます。業者に依頼をして以前の状態に戻った場合は、家族同士の会話が徐々に増え、以前の状態に戻っていきます。

お客も今迄通り、家の中で普通にくつろいでくれます。また、お風呂が使えない時は、近くで営業している銭湯か温泉に入るしか入浴手段はありません。ですが、業者が作業を終わらせると、入浴施設と交通費の削減につながります。デメリットはお金が必要になる、業者が家に辿り着けないことがあるなどです。お金がかかりますが、それほど高額ではないので気にしなくてもいいです。

家族一同でそれぞれ協力してお金を出し合うのも良い手法です。また、普段通らない道に家があったり、首都圏が依頼場所の際は業者が迷うことがあります。近くに大きな畑がある、または変わった看板が存在していると、電話で目印を教えると解決しやすいです。

住宅の水漏れトラブルは、専門業者に


見た目には分かりませんが、普通の住宅でも裏側には細かくインフラ関連のパイプが張り巡らされています。ごく普通に暮らしている分には、そのインフラ関連のパイプについて詳しくなる必要はありません。施行した業者の中が丁寧に設計してくれるため、そうそう一般的な住宅でインフラ関係のトラブルに見舞われる事はありません。

ただ、住まい自体が老朽化して来ている場合は例外です。暮らし始めて既に数十年と経過して来ている住まいは、どこかしらにトラブルが出てしまっても不思議ではありません。水道管が老朽化した場合、水漏れというアクシデントが起きます。起きる部分は多岐にわたります。キッチン、洗面所、お風呂場、シャワールーム、トイレ等、主要な場所だけでも、こういったところで起きます。

水道管が老朽化し、破損した場合、その問題解決は素人では進められません。専門業者に依頼し、修理してもらうのが最善策です。高そうに見える水関係のインフラ修理ですが、今ではリーズナブルになりました。一般住宅の問題であれば、どこの部分でも専門業者に普通に依頼する事が出来ます。
トイレやキッチン等、毎日使う箇所は早めに直すのが賢明です。住まいる水道では無料でお見積もりさせて頂いております。安心してお任せ下さい。